忍者ブログ
ハラハラドキドキ、そしてワクワクのツバメ日記をお楽しみください 順を追って読めるようにしてあります  
こちらへもどうぞ
≪管理人大家のブログ≫
「エステルの生活」です
エステルの生活.jpg
動物たちや草花に囲まれた生活の悲喜交々を、さまざまな話題とともに綴っています

≪もうひとつのつばめ日記≫
つばめのおうちは家の中
2009以降の記録
2009日記

ツバメの本です
















忍者ポイント広告
[77]  [78]  [79]  [80]  [81]  [82]  [83]  [84]  [85]  [86]  [87

君たちは自由なんだからね


≪7月1日 -その2-≫

ツバメに対して抱く感情は、切ない片想いの恋のよう
夕暮れの空を見上げて我家のツバメを探す・・・・切ないなぁ~
今夜はどこで泊まっているんでしょう

割れた卵を見たときの大家のショックを想像してみてください
ツバメファンの方ならこの気持ちを分かってくれると思います

巣立ちから一週間くらいから次の子育ての準備にかかる
二度目の巣を新しく作り始めるのもこの頃
巣作りにだいたい一週間かかる
だから産卵は巣立ちしてだいたい2週間後
・・・・というのが私の計算、昨年までの経験から

巣を取ったのが末っ子の巣立ち一週間経ったとき
だからそれから巣作りを始めるのでも遅くないと思った
でも今回のご夫婦は一回目の巣をそのまま使う予定だったので
産卵が早かったようです

【来年からの大家の心がけ】
巣立ちから次の産卵までの日数の目安は7~10日と考えて
巣立ったその日にさっさと巣の点検をすること
お掃除の済んだ巣はなるべく残しておいてあげる
虫やダニが酷ければ即刻撤去するのはOK
撤去が早ければ産卵までに新しい巣を作ることができる
巣は取ってしまっても帰って来た子供たちは止まり木で寝るので大丈夫
大家作の仮巣(ワラのひら巣とか)はいつでも使えるように
準備しておくと安心かも

いろいろと勉強になりました

さて今日のご夫婦ですが、、、、、
ピーちゃんはこんなふうなところに止まってみたりして


「ジィージィジィジィ」と鳴いて奥さんを誘っていました
ここは前にもピーちゃんが泥をくっつけていたところです


えっそんなところに作るの


まあ、場所はどこでも営巣する意欲が出たならメデタイこと

でも今日はあんまり家に帰って来なかった
夕方になっても、とうとう姿を見せず・・・・・・・さびしい
ひょっとしたら転居の可能性があるかもと・・・・
それを思うと片想いの感情に陥る大家でございます

ですが、、、、、すべては君たちに任せるよ
君たちは自由なんだからね


クリックすると大きく見られます

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へポチッお願いいたします
野鳥1位ありがとうございます

PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne