忍者ブログ
ハラハラドキドキ、そしてワクワクのツバメ日記をお楽しみください 順を追って読めるようにしてあります  
こちらへもどうぞ
≪管理人大家のブログ≫
「エステルの生活」です
エステルの生活.jpg
動物たちや草花に囲まれた生活の悲喜交々を、さまざまな話題とともに綴っています

≪もうひとつのつばめ日記≫
つばめのおうちは家の中
2009以降の記録
2009日記

ツバメの本です
















忍者ポイント広告
[207]  [208]  [209]  [210]  [211]  [212]  [213]  [214]  [215]  [216]  [217

特別番外編ママ入れ替わり?

[ツバメ] ブログ村キーワード

【2008年7月18日】

ママが子育て中に卵を産んだことについて

NPO法人バードリサーチ様
より、次のようなご質問がまいりました

『普通ならば育雛中の雌は発情しないはずである。
であるから、ママツバメが数日前に入れ替わった可能性はないだろうか?
つまり本来のママがいなくなって、
そこに別のメスがやってきて卵を産んだというはないだろうか?』


それで大家はこのことに対する大家なりの結論をだすために
今日はずいぶんと写真とビデオを撮ったり見直したりしました

◆今までのママの写真を何度も見比べました
ママが入れ替わったかもしれないという感じはしませんでした
でも、写真の撮りようやママの動きで胸の模様も微妙に変化するので
絶対とは言い切れないかもしれません

◆ママの子育ての様子を何度も確認しました
ずっとママが給餌と抱卵をしている様子について確認はできておりましたが、
餌やりと抱卵を同時に行う行動を見ていただくためにビデオに撮りました
もし継母だとしたら、巣にもどってきたとき抱卵はしても
ヒナへの給餌はないのではないでしょうか

◆今日も卵は3個、増える様子はありません
一度目よりも二度目の産卵数は、同じ数を産む場合もありますが、
通常は1個ほど減る傾向にあります
今回は育児中のヒナがいるからということ
三度目の産卵であることが関係した個数、3個なのではないでしょうか
もちろん、初回の産卵であっても、時期的なこと、メスの体調、
巣にヒナがいることなど、条件によって個数はかわってくるかもしれませんが・・
新しいメスであったとしたら、まだこの時期ですと4個ないしは5個は産むように思います

◆大家とママとの関係に変化がありません
ママの雰囲気や態度や行動、ずっと同じで、全く違和感はありません
ママが入れ替わってたら、何か感じるのじゃないかなぁ~
これは、大家自身の感覚のようなものですけれども・・

◆オスツバメの再婚は今までもありましたが、
その際の騒々しさは全くなく、日々平穏なご夫婦です

新しい相手が決まる前後は、巣と外を行ったりきたり。
また、オスのさえずりも一段と冴えるものですが
そのようなことはなく、穏やかに過ごしているご夫婦と思います


ですので、私、大家としては、ママは入れ替わってはいない、と思うのですが
さて、どうでしょうか?

とすれば、
なぜママは育児中にもかかわらず卵を産んでしまったのか?

◆巣が移動したことで、新しく巣を造ったような感覚となった
ママは巣の手直しなどもしておりました

◆同時にヒナが1羽に減ってしまったことで、さらなる営巣意欲を駆り立てられた

しかし、パパはどうなんでしょう
パパはママが卵を産むことに同意したのでしょうか
・・・つまり、交尾に応じたのかどうか
これについては、全く分からない大家でございます
ただ、とっても育児熱心であることは間違いなし
そう言えば、パパも巣の手直しもしてましたわ・・
泥を運んできた形跡もありました
孵化に期待できるかしら~~


あ~~~!あれやこれやと考えている大家ですが、、
ホントのところは、銀河のくまたさんが仰るように

「1羽だけの赤ちゃんだから、餌はパパが頑張れるわね。私、子どもが欲しいの」
「よっしゃ~、任せなさい。ママは卵を温めてね」


ぐらいの軽いノリかもしれませ~ん

産卵オメデトウ
ガンバレ、ミスターパパ、ママ


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へポチッとお願いします
野鳥ブログランキングに参加しています
ただ今2位です
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne